ニキビ 肌荒れ 化粧水

こんな肌荒れ・大人ニキビでお悩みではありませんか?

こんな肌荒れ・大人ニキビでお悩みではありませんか?

 

みなさんはこのようなニキビでお悩みではないでしょうか。

 

 

花粉による肌荒れ

 

春になると多くの人が悩み始める花粉の問題!
多いですよね。
目はかゆくなるし、鼻がむずむずしたり、それに加えてなんだか肌も荒れてきた…?というような経験ありませんか?
それらの症状の原因は「花粉症皮膚炎(かふんしょうひふえん)」というれっきとしたアレルギーによる肌荒れだったのです。

 

 

 

古い角質汚れによる肌荒れ

 

肌がごわごわしたり、ザラザラするのは「古い角質」が肌の上に残ったままになっているのはご存知の方は多いと思います。
この古い角質による肌の荒れはほとんどの場合「間違ったケア」が原因なので、洗顔や保湿などを一から見直せば簡単に改善できたりします!
しかしあまりに放置しすぎているとどんなにお手入れを頑張っても肌に成分が浸透せず、せっかくのケアが無駄になってしまいます。

 

 

 

乾燥による肌荒れ、ニキビ

 

脂肌だとニキビができやすい…ということはわかります。
これ実は「乾燥した肌」は肌の皮脂分泌が少なく、お肌を守る皮脂幕がしっかりと作れていないからなんです。
皮脂膜が少ない肌の水分は、蒸発してしまい、角質が残りやすくなってしまいます!
よって角質が層になって溜まり乾燥ニキビになってしまうのです。
現代では乾燥によるニキビ、肌荒れが多いようです。

 

 

 

 

 

他にもホルモンバランスストレス妊娠中・産後など肌荒れだけでも結構種類があるのがわかります。
ニキビの種類も白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなど…ニキビにも多くの種類が!
肌荒れ・ニキビにお悩みの方は、聞いただけでも嫌になりますよね。

 

ニキビ・肌荒れには適した対処法が大切なので自身のお肌を見ながら考えていきたいです。
ニキビに関しては放置しておくと赤みやボコボコお肌の原因にもなってしまいますので、なるべく放っておきたくないものです。

 

わかってはいるけど、ここの段階まで何もしてこなかったという方のために適切なお手入れ方法をこれからたっぷり紹介していきたいと思います!

肌荒れの原因

肌荒れの原因

 

肌荒れの原因は様々です。まずは主な原因としてあげられるものを紹介したいと思います。

 

乾燥

肌荒れの一番の原因は「乾燥」です。
夏は強い紫外線で肌は刺激され、冬は冷たい風で肌が刺激されています。
手が冷たい時は手袋をすればいいですし、足が冷たいと感じた時はズボンを履けば改善されます。
しかし首から上「顔」の部分は、隠す事が出来ません。
肌がカサカサのまま放置しておくと、顔に湿疹が出来たりしてしまいます。

 

 

 

内蔵

内臓の状態で肌の調子が変わってきます。吹き出物が出来る場所によって内臓のどこが弱っているのかが分かります。

 

・おでこ…小腸、大腸、肺
・鼻…腎臓、肝臓、心臓
・顎…甲状腺、のど
・口周り…子宮、すい臓、歯、胃
・頬…肝臓、胃腸、心臓

 

いつも同じ場所にニキビが出来る…そんな方は一度体内環境を気にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

食べ物

食べ物の性質によって肌荒れを起こしやすくなったりします。
有名なのがチョコレートやナッツ類。
カカオやナッツ類には栄養分や良質な脂質も含まれているのですが、食べ過ぎるとニキビができやすくなってしまいます。
またほかにもジャンクフードやスナック菓子など油分が多く含まれているものは、その油分が酸化してしまうと肌に悪い影響を与えてしまいます。

 

 

 

ストレス

ストレスは肌荒れの原因に大きくかかわっています。精神面と肉体面はつながっているため、少なからず影響を受けてしまうのです。
よくストレスでお腹が痛くなるというのを聞きますよね。胃腸は第二の脳といわれるほど大切な臓器です。
腸内細菌は体の70%もの免疫を持っているといわれています。ストレスによって胃腸の調子が悪くなるということは、免疫力が70%も低下しているといえるでしょう。
また、腸内に悪玉菌が増えてしまうと、大量の有毒ガスを発生させそれがお肌にも悪影響を与えるのです。
ストレスはホルモンバランスの乱れも引き起こします。女性ホルモンは肌の調子を大きく左右するホルモンです。
ストレスによる体調の乱れ、ホルモンバランスの乱れは肌荒れの原因となってしまうのです。

 

 

 

 

生活習慣

乱れた生活習慣は肌荒れの原因です。特に睡眠時間が足りなかったり、夜にぐっすりと眠れていない場合は、肌が荒れやすくなってしまうでしょう。
また、上記でも紹介したストレスも関わってきます。ストレスは精神面だけではなく、肌にも直接受けています。
日中の紫外線や花粉、空気の悪さなど日頃からストレスを受けています。そのストレスを受けた肌を一番修復出来るのが睡眠時です。
つまりしっかり睡眠を取れていないと肌のストレスも溜まる一方なのです。

 

 

 

 

便秘

多くの女性が悩んでいる便秘。これも肌荒れの原因の一つです。
便が出ないと体に毒素が留まり、色々な不調が表れてきます。
腸の中で腐敗した便から排出された毒素は、血管から体中に広がり皮膚まで到達。
その結果肌に悪影響が出てしまうのです。

 

 

 

 

汚れ

目に見えない汚れが肌荒れの原因になっています。
例えば毎日使う枕には目に見えない汚れがたくさんついています。
それは皮脂や頭皮の汚れ、首筋からついた汗など。
これが枕を使うたびに顔へと付着してしまうので、肌荒れを引き起こしてしまうのです。
なので枕カバーはこまめに取り替えるのが肌荒れの予防になります。
また手の汚れが顔に移り肌荒れを引き起こします。
色々なものをつかんだり触ったりする手は、雑菌だらけ。
体の中で一番雑菌が多いと言われているほど、手は汚れています。
手雑菌で溢れている手で頻繁に顔を触ると、手の雑菌が移ってしまうため、肌荒れを起こしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして顔の箇所によって肌荒れの原因が違います。

 

 

 

 

頬は元々乾燥しやすいため肌荒れを起こしやすいパーツです。また、日頃使っている化粧品が肌にあってないという可能性もあります。
また、先ほど紹介した内臓の影響もあります。頬は胃腸、肝臓、心臓が弱っているサインです。スナック菓子やお酒などを摂り過ぎると
内蔵に負担がかかり肌に影響してきます。

 

 

 

 

顎や口周り

顎や口周りの肌荒れはホルモンバランスの乱れが深く関係しています。
強いストレスや睡眠不足、生理などはホルモンバランスが乱れてしまう原因です。
特に生理前は黄体ホルモンが活発になるのでどうしても顎や口周りの肌荒れやニキビが出来る原因になってしまうのです。
顎を手で支えるのが癖になっているのも要注意です。先ほど紹介したように手には雑菌がたくさんついています。
肌荒れを起こした場所に雑菌が付着すると炎症を起こし、更に肌荒れが酷くなります。

 

 

 

 

 

おでこ

おでこは髪と顔の境目になるため、洗顔料などの洗い残しが多くなると言われています。
シャンプーやリンスがつきやすい場所でもあるので、しっかり洗い流すことが出来てなければ肌荒れの原因になります。
また、前髪がおでこにかかっていると、前髪についているほこりや汚れがおでこに付着し、肌荒れを悪化させたり、
肌荒れを引き起こす原因になっています。

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因

 

思春期から私たちをずっと悩ませる、「ニキビ」。
でも社会人になって、これまでのニキビとはちょっと違う症状のニキビができるようになったと感じる方も多いと思います。

 

 

・口やあご周りにニキビができることが非常に多い
・生理前になるといつもニキビができやすくなった
・ポツポツとしたニキビが何度も繰り返しでき、治りも遅い
・ニキビは乾燥してカサカサしている

 

 

このような症状に心当たりある方、それが大人ニキビです!
では、思春期ニキビと様子が違うのはなぜ?それはその原因とメカニズムの違いにあります。
大人ニキビの原因は、私たちの日常生活の中にあるのです…。今回は大人ニキビ克服のカギになるよう、大人ニキビの原因を徹底的に解明していきましょう。

 

 

大人ニキビのメカニズム

10代の頃からお馴染みの、主に額から頬にかけてのTゾーンにできやすい、思春期ニキビ。これは過剰に分泌された余分な皮脂で、毛穴がつまることが原因で起きる脂っぽいニキビで、その性質から、しっかりと洗顔をして清潔にしていれば治るとされています。

 

これに対して大人ニキビは、思春期ニキビとは異なったメカニズムでできてしまうニキビなのです。大人ニキビができてしまう主な原因は「古い角質の蓄積」と「肌の乾燥」。

 

そのメカニズムとは、まず肌の代謝が悪くなることで、ターンオーバーが遅くなり、毛穴を古い角質でふさいでしまいます。また、ターンオーバーの劣化によって起こる「肌の乾燥」は毛穴をふさぐ角質を厚く、そして、堅くし、大人ニキビをさらに頑固にさせる原因ともなります。こうなることで、ふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖し、そこでできた炎症が「大人ニキビ」となってしまうのです。

 

 

 

日常生活潜む大人ニキビの原因

大人ニキビのメカニズムがわかったところで、その根本の原因となる「日常生活」に潜んでいる原因についてお話します。まず、現代人とって悩みの種でもある「睡眠不足」や「ストレス」。これらによって引き起こされてしまうのが「ホルモンの乱れ」。女性ホルモンである、エストロゲンは、お肌のうるおいを保つ働き、プロゲステロンは、皮脂の分泌の促進する作用を持っています。

 

また、外食や簡単なもので済ませてしまうなどの間違った食生活による「栄養バランスの乱れ」も大人ニキビの原因の一つになります。

 

ニキビ予防に必要な栄養素である、「ミネラル」や「ビタミン」を上手にとることで、ターンオーバーの働きを高め、毛穴の詰まりを防止したり、ニキビ菌の殺菌をしてくれる効果を望むことができるのです。さらには、食物繊維の不足や動物性脂肪分の取り過ぎも「便秘」に繋がり老廃物が蓄積する原因になることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

注意!「メーク落とし」と「洗顔法」

毎日のメーククレンジングに問題がある場合も!忙しさのあまり、手早くささっとメークをとって終わりにしてしまうことありませんか?その残ったメーク汚れが毛穴に詰まり、それが知らず知らずにどんどん蓄積すると大人ニキビの原因に。

 

また、洗顔の際、洗顔料を使って何度も念入りにごしごしと洗ってしまうと、本来お肌に必要な皮脂まで奪い、大人ニキビの主な原因である「お肌の乾燥」を引き起こしてしまいます。その為洗顔は1日2回程度にし、タオルでの拭き取りも軽く肌に当てて水分を吸い取りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

他にも大人ニキビの原因は、「過度なダイエット」「タバコによる血行不良」「冷え性」など、日常で改善したいものばかり。大人ニキビを治すには、まずこれらの原因を取り除き、正しい生活習慣で予防を心がけることと、健康を長く保つ為の対策をすることが近道となりそうですね。

 

ここで部分ごとの大人ニキビの原因を見ていきましょう。

 

 

 

頭皮のニキビ

 

・頭髪や帽子で蒸れ、細菌の繁殖条件に
・紫外線の刺激で頭皮が傷つく
・シャンプーやコンディショナー、整髪剤、ヘアカラーの落とし残しなど

 

 

 

 

おでこ、生え際のニキビ

 

・シャンプー等のすすぎ残し
・前髪の整髪料等でも刺激を受ける
・前髪が触れることで刺激となっている
・洗顔料のすすぎ残し

 

 

 

 

Tゾーンのニキビ

 

・毛穴のつまり

 

 

 

 

頬やフェイスラインのニキビ

 

・毛穴が小さく乾燥しやすい
・角質が厚くなりやすく毛穴が詰まりやすい

 

 

 

あごのニキビ

 

・ストレスや冷え性
・内面的な不調の影響が出やすい部位
・男性は髭剃りが原因にも
・あごに手を当てる癖も原因に

 

 

 

口の周りのニキビ

 

・男性は髭剃り、女性はメークが原因に
・ストレスによるホルモンバランスの乱れ
・食事の仕方に原因があることもある

 

 

 

 

首元のニキビ

 

・汗や髪の毛が触れることでできる
・口周りから連動してできることが多い
・ストレスによるホルモンバランスの乱れ

 

 

 

 

デコルテや胸元のニキビ

 

・ダイエットによる栄養素の偏り
・汗をかきやすく蒸れやすい
・就職、転職、引越しなど、環境の変化からくるストレス

 

 

 

背中のニキビ

 

・汗をかきやすい場所
・シャンプーやトリートメントが少し残っていることあり
・ボディソープに含まれる「界面活性剤」による乾燥
・食生活の乱れ
・積み重なる睡眠不足

 

 

 

 

ボディ全体

 

・ストレスによるホルモンバランスの乱れ
・ダイエットによる栄養素不足
・生理前、更年期にもホルモンバランスが変化する

 

 

 

おしりのニキビ

 

・椅子が固いことも原因
・通常はできにくい場所なので、生活習慣が大いに関わっている
・長い時間座り続けている

 

肌荒れ・大人ニキビの対策

肌荒れ・大人ニキビの対策

肌荒れ・大人ニキビの対策

 

肌荒れ、ニキビには適したお手入れと対策が必要になってきます。
それには肌の奥までうるおいを届けてあげることが大切です。

 

思春期ニキビはどんなものか大体わかるけど、大人ニキビってどんなもの…?という方のために原因と対策を書いておきます。

 

 

 

食生活の改善

 

ニキビができやすい人の食生活の特徴としては、お肉中心だったりアルコールや塩分、糖分、カフェインの取り過ぎなどには特に注意が必要です。
このような食生活を続けていると体に負担がかかり、身体の内部から大人ニキビが発生してしまいます。

 

また栄養が偏った食事をとったり、不規則な時間に食事をとるなどをしてもニキビの原因になってきます。

 

ビタミンB群が不足しているときもニキビが出やすくなる原因にもなります。
食生活のニキビの対策としてはビタミンB群の多い食品を多く食事に取り入れることにあります。
例えば、レバー、うなぎ、乳製品、納豆、アボカド、青魚などです。
規則正しく、バランスよく食事をとるのが大切になってきます。
また暴飲暴食をしてしまった時。胃がものすごいスピードで食べ物を消化しようとします。
その結果胃が疲れてしまうことで、肌荒れとしての症状が出ることも。
その場合、口の周りがカサついたり吹き出物ができたりすることが多いそう。

 

出来るだけ食事の回数も毎日一定にしておくことも大事だといわれています。

 

 

 

 

肌のターンオーバーの乱れ

 

大人ニキビ肌のターンオーバーの乱れを発端とした角質肥大が主な原因になります。
肌のターンオーバーの乱れの原因になってくるのは、肌の乾燥・間違った洗顔法・ストレスによるホルモンバランスの乱れ・紫外線やタバコなどで発生する活性酸素・寝不足・夜更かし・食生活の乱れ・メイクの仕方・冷え性・便秘・ダイエットの影響・エアコン・生理周期・妊娠・更年期・・・
色々ありすぎてどれか分からないもしくは沢山当てはまる方もいるかもしれないですね。

 

大人ニキビはデリケート。
そのため、敏感肌にも優しく、乾燥させすぎないことが必須になってきます。
特に脂肌の方は、洗顔後そのままにしておくと肌の乾燥を防ごうと余計に皮脂が出て悪循環になってしまいます。
洗顔した後はしっかり化粧水で保湿・保水して、余分な皮脂の分泌を抑えることが大切です。
乾燥による肌荒れは大体が洗顔のあとのケアにあるといわれていますので、ただしくケアしてあげることが大事です。
ケアは大切ですが、洗顔しすぎるのはよくないので注意しましょう!

 

 

 

 

この他にも基本的な生活習慣が原因であることが多いです。
睡眠不足・血行不良・ストレスが多いなどがあげられます。
大人ニキビで大切なのは薬に頼ること!ではなく、生活習慣の見直しと、基礎化粧品によるスキンケアが主です。

 

「大人ニキビの治し方」を完全に理解し、「大人ニキビ対策として期待できる基礎化粧品」を見極めることが大切です。
すでに大人ニキビが治らず困っている方は、放っておくと「ニキビ跡」になって残ってしまうのはご存知ですか?
一刻もはやく対策を行うために、大人ニキビの治し方を正しく理解することが大切です。


ニキビ専用高機能化粧水【ベルポナチュール】の成分

ニキビ専用高機能化粧水【ベルポナチュール】の成分

ニキビ専用高機能化粧水【ベルポナチュール】の成分

 

ベルポナチュールに含まれる成分は以下のようなものです。

 

 

アラントイン

アラントインには、「傷の回復」を促進するという、ニキビの治療にとって非常に重要な作用が備えられています。
古くなった肌の組織や、硬くなった角質を穏やかに取り除く働きもあり、アンチエイジング効果だけでなく、にきび肌の人も治療の際に使用されます。
傷の回復を促したり新しい肌の形成を促進する以外に、傷跡を徐々に目立たなくする働きがあるので、出来てしまったシミや傷にも有効に働きかけます。
例えばニキビが炎症を起こしてアクネ菌の繁殖や酸化した皮脂による皮下組織が損傷してしまった場合に、アラントインはその回復効果を発揮することになります。
また、その損傷回復のために身体の免疫反応として生じる炎症を緩和する作用があると言えます。
この組織回復の効果から、ニキビ跡の凹凸を改善する効果まで期待できます。

 

 

 

グリチルリチン酸

もともと漢方の減量として知られる甘草(かんぞう)に含まれている成分で、甘みが強いのが特徴で甘味料などに利用されています。
身近な物ですと醤油の甘味料として使用されています。
他には石鹸・シャンプー・抗アレルギー薬・風邪薬などにしようされていて副作用が少ない消炎剤として長く使用されています。
その為、抗炎症作用や抗アレルギー作用に効果があるとされニキビにも効果的です。

 

 

 

EPC

ビタミンCとビタミンEをリンで結合した美容成分で、紫外線により発生する活性酸素消去作用、
保湿作用、肌のターンオーバーの正常化、またニキビの原因となるニキビ菌P.acnesの発育阻止作用も有する優れた
スキンケアの原料です。
花粉による肌荒れや季節の変わり目にできるニキビをガードしてくれます。

 

 

 

メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン

細胞膜(生体膜)に良く似た保護膜を作り「肌のバリア機能」を高め肌や髪を刺激から守る効果があります。
また、生体への親和性が高く、皮膚などに対して高い保湿性を維持し、保湿力はヒアルロン酸の約2倍。
高い安全性でバリア機能を強化するため、肌荒れにも効果的な成分です。

 

 

 

メタクリル酸ブチル共重合体液

メタクリル酸ブチル共重合体液はヒトの細胞膜を構成する脂質と同じ極性基構造をもつリン脂質類似構造モノマーと、
ブチルメタクリレートモノマーからなる共重合体です。
保湿剤に分類される成分で、高い保湿性を維持する効果があります。
また、皮膚の柔軟化や角質層の機能を正常化し、健やかな肌環境へと導く効果が期待できます。

 

 

 

ヒアルロン酸Na-2

ヒアルロン酸には肌の水分を保つ働きがあるので保湿には欠かせない成分です。
肌が乾燥すると外部刺激を受けやすくなってニキビができやすくなります。

 

大人ニキビのほとんどが乾燥が原因とされ、水分不足に陥いると皮脂が過剰に分泌してしまい、
また水分が不足してしまうと肌のバリア機能も低下してしまいますのでアクネ菌などの菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
歳を重ねるとヒアルロン酸を生成する「繊維芽細胞」という細胞が減少したり、働き自体が低下してしまいます。
つまり肌の保湿を保つためには外部から取り入れないと大人ニキビを繰り返してしまうということになります。
そのためヒアルロン酸はニキビケアには重要な役割があるというわけです。
そしてベルポナチュールに含まれているこのヒアルロン酸Na-2は通常のヒアルロン酸より浸透性が高く、更に保湿力を高めてくれます。